スライス

ここでは、「スライス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボールがつかまらなくてスライスする人に共通する一つの動きとしてトップから右肩がボールに対して突っ込んでしまうという動きです。

トップに行ってから右手でクラブをもって、右手でボールにぶつけていくために前に出ていってしまいます。

右肩が突っ込んでしまうとクラブが外側から降りてくるのでスライスしてしまいます。

この症状の人はどうすればいいかというと右肩を出さなくてもボールには届くということを理解する必要があります。

バックスイングをしてトップから右肩の位置を変えずに降ろします。右肩があった場所をキープするような意識でボールを打つというドリルを練習してみてください。

トップで右肩がある位置をなるべく移動させないようなイメージで手だけで振りおろしてくるように打つ練習をしてみてください。

もちろん理想的なスイングでは手だけで打ってはいけないのですが、一度こういったイメージで徹底してやることで右肩が突っ込む癖を直すことができます。結局右肩は動いてしまいますが動かさないように意識することが大切です。

右手でがっつり行ってしまう人はナカナカのこの動きにはなれないかもしれませんが、この動きができないといつまでたってもスピン量も多く入ってしまいますし、方向性は暗て強いませんので是非この動きをマスターしてみてください。

実際にコースで使うのではなく、右肩の突込みを矯正するための練習としてやってみてください。
上達保証付きの理想的なインパクトを造れるゴルフDVD

スポンサーサイト
ゴルフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。